任意整理で借金が減額される仕組み

任意整理ガイド

任意整理を行うと、結果的に借金が減額になる場合がほとんどです。

任意整理TOP > 借金減額の仕組み

任意整理で借金が減額される仕組み

任意整理で借金が減額される仕組みは、その計算が取引開始の時点にさかのぼって行われるのがポイントです。

弁護士や司法書士に依頼して任意整理をしようとする場合、まず始めの貸借契約を結んだ時点で、いくらの元本を借りていくら金利を払う契約をしたのか、それ以降どれだけの返済が行われたのかをすべて考慮して計算が行われます。

しかも、同意の上契約を行ったとはいえ、その金利が法定金利を超えていた場合には、支払った分までさかのぼって計算しなおすことになります。

実際には返済が困難なほどの借金は、法定金利を上回った金利で契約されていることが多いので、再計算して払いすぎた金利の分を元本から差し引くと、借金が減額されるというわけです。

法定金利の超過が行われるわけ

なぜ多くの債務者が法定金利を上回った金利で契約しているのかというと、金利にまつわる法律が2つあって、その罰則規定に違いがあるからです。

つまり、出資法で超過した場合の罰則規定がある上限金利は29.2%。この金利を上回ると、貸金業者は罰則を受けるため、この金利を上回ることは実際にはほとんどありません。

一方、利息制限法では、貸付金額によって上限金利を15~20%に定められており、この法律には違反した場合の罰則規定がありません。そのため、貸金業者は罰則規定のある29.2%は超えることなく、利息制限法の15~20%を上回った金利で貸付を行うことが多いのです。

任意整理で再計算する際には、利息制限法の金利で計算しますから、その分が過払い金として元本から差し引かれることになります。

将来の金利も払う必要なし

例え契約時の金利が法的金利内のもので、法定金利を超過して支払った経緯がない場合には、計算しなおしても元本が少なくなることはありません。

しかし、任意整理を行うと、任意整理の和解以降は元本を分割して支払うだけで、金利を支払う必要はなくなります。これは債務者による支払いが困難な場合、元本だけでも確実に返済するために、債権者の協力のもとに認められているものです。

この先支払うはずだった多額の金利を支払う必要がなくなっただけでも、毎月の返済はかなり楽になるはずですから、借金の減額と同じくらいの価値があるはずです。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.