任意整理の手続きの流れ

任意整理ガイド

任意整理の手続きの流れとしては、弁護士や司法書士に相談して契約した後は、和解まですべて行ってもらうことになります。

任意整理TOP > 手続き

任意整理の手続きの流れ

任意整理の手続きの流れですが、債務者としては弁護士や司法書士に交渉を代行してもらうため、自ら行うことはほとんどありません。

それだけに、信頼できる弁護士や司法書士を探して、依頼することが大切です。相談して納得いかなければ、別の弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

任意整理の続きの流れは、以下のようになります。

1.相談・契約

まず弁護士や司法書士に現状を相談します。

多重債務のある人は、そのすべてを残らず伝えることが大切です。このときに隠した借金を残していると、後にトラブルの元となります。

すべての借金の返済期間や金利を考慮して、弁護士や司法書士が任意整理を行うほうがよいと判断し、債務者もその弁護士や司法書士が信頼できると思ったら、任意整理の依頼契約を結びます。

2.受任通知の発行

任意整理の依頼を受けたら、弁護士や司法書士はただちに債権者に受任通知を発送します。

受任通知とは、任意整理を行うという宣言を債権者に対して行うものです。この受任通知が送られてからは、債権者は債務者に直接返済を迫ったり、連絡をとることを一切禁じられることになります。

また、受任通知送付から和解までの間の返済はストップするので、その間は返済をする必要もありません。

3.交渉

弁護士や司法書士は、取引開始時からの借り入れや返済の明細をすべて開示するように債権者に請求します。

さらに債権者が提示した明細で金利をチェックし、法定金利を超過している場合には引き直し計算を行って、本来支払うべき金額を確定します。

弁護士や司法書士は、新しく3年程度で元本を返済できるプランを債権者に提案して、交渉を行います。

4.和解

債権者が新しい返済プランに合意したら和解となり、合意書が作成され、返済が再開されます。

多くの場合、引き直し計算時に元本が減少したり、和解後は金利を支払わなくてよいことになっているため、任意整理前よりも月々の支払いが減少している場合が多いはずです。

交渉が決裂して任意整理ができなかった場合には、自己破産など他の債務整理方法を検討する必要が生じます。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.