任意整理のメリットとデメリット

任意整理ガイド

任意整理には、返済が困難な人にとってとてもメリットの多いシステムですが、もちろんデメリットもあるので良く考えて行う必要があります。

任意整理TOP > メリット・デメリット

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリットとデメリットを理解しておくことは、債務整理を行う上で大変重要です。債務整理の方法は任意整理だけではありませんから、メリットやデメリットを検討したうえで行うことが必要です。

ただし、やはり任意整理のメリットとデメリットを比べると、メリットが多くなります。払う必要のない金利を支払っているのなら、それを清算できるというだけでもかなり大きなメリットなので、やはり条件に合えば利用するのが得策な場合も多いです。

メリット

利息制限法による引き直し計算を行うことで、過払い分を元本の返済に充当し、結果的に元本を減額できる可能性があります。取引開始時にさかのぼって計算を行うので、長期間高い金利をしはらっていた場合は特に、かなりの減額ができる場合があります。

依頼を受けた弁護士や司法書士が債権者に受任通知を送付することにより、債権者から債務者へ直接の請求はすべて禁止されます。取立ての電話などが一切なくなるため、精神的にも安定します。

基本的には未払いの金利や将来的な金利を支払う必要もなくなるため、毎月の返済が楽になります。

任意整理を行うことで、職業を制限されたり、財産を処分されたりすることもないので、社会的な影響を受けることはほとんどありません。

裁判所を通して行う自己破産などの手続き違って、裁判所に出頭したり、書類を作成する必要もありません。すべて依頼を受けた弁護士や行政書士が代行してくれます。

場合によっては、過払い金の変換などを求めることのできる場合もあります。

デメリット

任意整理を行うと、信用機関が共有する情報にブラックリストとして掲載されます。借金やローンを5年~7年程度できなくなるため、貸金業者からの借金はもちろん、新しくクレジットカードなどを作ることも、その間はできなくなります。

自己破産と違って返済自体は継続されるので、再計算しても毎月の返済が多額になる場合には、任意整理を行うこと事態が困難になります。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.