レイク(新生フィナンシャル)の任意整理・過払い請求

任意整理ガイド

レイクの任意整理や過払い請求は、よほど長期の取引でなければ訴訟になることもなくスムーズに進みます。

任意整理TOP > レイク

レイクの任意整理

レイクは、新生銀行を母体とする貸金業者ですが、比較的スムーズに任意整理をすることができます

ただし、レイクは平成5年以前の取引記録を保存していないため、それ以前の取引がある場合には多少難航する場合があります。

取引記録が確認できるものに関しては、弁護士会の基準どおり、和解後の金利は要求されることはありませんし、一括返済することによってさらに元本を縮小することができる場合もあります。

そのため、レイクは比較的債務者にとっては良心的な取引をしてくれる債務者と言ってもよいでしょう。

レイクの過払い請求

レイクの過払い請求については、取引記録の確認できる平成5年以降のものについては、任意の交渉で過払い分プラスその間の金利も回収することができます。

平成5年以前の取引分の過払いを請求しようとすると、推計計算に基づいて交渉し、提訴が必要な場合も多くなります。この場合はレイク側も弁護士を立てて訴訟になりますので、かなり時間がかかることを覚悟する必要があります。

取引記録があっても、場合によっては満額回収がスムーズに行かず訴訟になる場合もあります。

比較的スムーズに交渉可能

レイクは銀行系の貸金業者で、資金にも比較的余裕があるため、債務整理の際も、債務者にとっては良心的なやり取りをしてくれることが多いです。

それでも最近は景気の悪化と過払い請求の増加で経営は厳しくなっており、専門家に交渉して場合によっては提訴しないと満額回収が難しくなってきているともいえます。

債務整理に対する姿勢も徐々に厳しくなることが予想されますので、借入金の返済が困難で債務整理を考えている人は、早めの対応をしたほうがよいでしょう。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.