モビットの任意整理・過払い請求

任意整理ガイド

モビットは、もともと法定金利の範囲内の低い金利で設定している貸金業者なので、任意整理で借金を減らすことは困難です。

任意整理TOP > モビット

モビットの任意整理

モビットは、もともとの金利が低いので任意整理をしても元本を減らすことはできません

東京三菱UFJ銀行を母体とするモビットは、低金利で安心の貸金業者として人気ですが、債務整理という面ではやりづらい会社です。

最初から法定金利内で契約しているモビットなどは、任意整理を行ってもあまり減額できません。将来の金利を払わずに、残った元本を分割で返済するということになります。

しかも、モビットの方針として、任意の和解よりも裁判所で「和解にかわる決定」を望む場合が多いのが特徴です。この場合、3年~5年の分割で返済することに変わりはないのですが、万が一再び返済が滞った場合に強制執行が行いやすくなるので、債務者にとっては多少厳しくなります。

モビットの過払い請求

モビットは消費者金融ではなく銀行系の貸金業者なので比較的金利が安く、利息制限法の範囲内での金利を設定している場合がほとんどなので、過払いは発生しません

過払いとは、利息制限法の制限を越えて出資法の範囲で貸付を行っている場合に、その金利の差額分が返還されるものです。モビットのように、もとから利息制限法の制限を超えていない場合には発生しないのです。

そのため、返済額が大きくても長期にわたっていても、過払いの請求はできませんのでご注意ください。

提訴に注意

モビットの特徴として、返済が滞ったり、交渉が長引いたりした際の提訴が非常に早いといわれています。

通常なら返済が滞ったら話し合いをして少しずつでも入金を、となるところが、モビットの場合は即提訴されて突然裁判所から訴状が送られてきたという人も少なくありません。

モビットの返済が難しくなった場合には、早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談して、対策を講じることをおすすめします。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.