和解後に返済不能になった場合

任意整理ガイド

任意整理の和解後に、万一返済不能になった場合には、再度弁護士などに相談するようにしましょう。

任意整理TOP > 返済不能になった場合

和解後に万一返済不能になった場合はどうなりますか?

任意整理の和解後に返済不能になった場合には、どうすればよいのでしょうか?

和解後には新たな条件で3年程度の期間にわたり返済を行うことになります。しかし、それでも返済が困難になってしまった場合には、まずは再び弁護士や司法書士に相談しましょう。

弁護士や司法書士が債務者に代わって貸金業者と交渉を行ってくれるので、直接貸金業者を話をするよりもスムーズに話が進みます。

相談を受けた弁護士や司法書士は、返済できないのが今回だけだったり短い間のことであれば返済を猶予してもらえるように交渉し、長期にわたって返済が難しい場合であれば返済計画を見直して再び和解交渉を行うことになります。

返済期間の間に、生活環境や仕事の状況が変化して、返済が難しくなるのは十分ありえることですので、どうしても返済ができない場合にはひとりで悩まずに早めに専門家の力を借りるのも一つの方法です。

ただし、仕事の都合などで和解案を変更して、再度和解をやり直しても返済が難しくなりそうな場合には、任意整理ではなく自己破産や個人再生などの方法に切り替える場合もあります。そういった件も含めて、和解後に返済不能になった場合には弁護士や司法書士に相談するのがよいでしょう。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.