契約書を紛失したのですが任意整理はできますか?

任意整理ガイド

契約書などの書類を紛失した場合でも、基本的には任意整理をすることは可能です。

任意整理TOP > 契約書の紛失

契約書を紛失したのですが任意整理はできますか?

契約書を紛失してしまった場合でも、任意整理を行うことはできます。

どうしても見つからない場合や、廃棄した記憶があるという場合には、弁護士などが貸金業者に請求することで、書類を提出させることができますので、任意整理ができなくなるということはありません

ただし、やはり交渉を有利に進めるためには、書類はあるに越したことはありませんので、捨てた覚えがないという人は頑張って探してみてください。

個人が貸金業者に過去の書類を提出させて交渉を行うことは困難ですので、書類を紛失した場合には特に弁護士などを通して任意整理を行うのが一般的です。

お金を借りたときの契約書だけではなく、返済したときの領収書や、再融資を受けた人はそのときの契約書利用確認書、すでに完済した融資の契約書などの書類は、できれば揃えておきたいものです。相談する前に一通り探しておきましょう。

実際にはやはり相談する前にすべての書類をそろえている人は少なくて、ほとんど手元に残っていなかったり、残っていても不備が合ったりする場合がほとんどです。書類に残っていない場合には、いつごろにいくらの借金をして、どのように返済してきたのかを可能な限りメモ書きにしておくと、相談や交渉がスムーズに進みます。

いずれにせよ、契約書が残っていないから任意整理ができないということはありませんので、諦めずに専門家に相談してみることをおすすめします。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.