弁護士・司法書士選びのポイント

任意整理ガイド

任意整理を行うにあたっては、どの弁護士や司法書士に依頼するかで、和解や減額の結果が違ってきます。

任意整理TOP > 弁護士・司法書士選び

弁護士・司法書士選びのポイント

弁護士・司法書士選びのポイントを押さえて依頼することが、任意整理の成功させるためにはとても重要です。

任意整理を行う場合、債務者は弁護士や司法書士に依頼した後はすべてを任せるわけですから、実際の任意整理が成功するかどうかは弁護士や司法書士次第です。どの弁護士や司法書士を選ぶかが成否の鍵を握ります。

弁護士や司法書士事務所の中には、無料相談を行っているところも多いので、できれば何人かの弁護士や司法書士と話をして、最も信頼のおけそうな相手に頼むのがよいでしょう。

多くの場合、任意整理は依頼した段階で着手金が発生します。任意整理がうまくいかなかった場合にトラブルの原因にならないためにも、納得いくまで話をしてから依頼することが大切です。

自分の意思は明確に

もちろん弁護士や司法書士に任意整理の相談を行うと、法定金利での再計算を行って払うべき金額がいくらなのかを算出してくれるわけですが、この計算自体は自分でもできることです。相談前に自分である程度の計算を行い、ここまでは減額したい、などといった明確な意思を持って相談に臨むことで相談もスムーズに進みます。

依頼後に交渉にあたる弁護士や司法書士にとっては、交渉の状況によっては和解のラインを探るのが難しい場合もあります。債務者は交渉に同席しないわけですから、ここまでは妥協できないといった点をしっかり伝えておかないと、不本意な和解内容になってしまう場合もあります。

和解内容や交渉の状況に不満が生じて、弁護士や司法書士、また債権者との間でトラブルとならないように、要求は最初にきちんと伝え、それに明確に答えてくれる弁護士や司法書士に依頼することが大切です。

安請け合いする相手は要注意

任意整理というのは、債権者にとっては利益のあるものではありません。現在結んでいる契約に比べると、元本も減額されて今後の金利ももらえないわけですから、それ相応の理由がないと債権者に取っても応じたくないのが当然です。

弁護士や司法書士が任意整理を代行する場合、そうした債権者に減額に応じさせるはっきりした根拠がないとうまくいくはずもありません。そうした根拠を相談している債務者にきちんと伝えない弁護士や司法書士は、結局和解させる見込みがない場合もありますので、契約するのは見合わせたほうがよいでしょう。

弁護士や司法書士は減額が成立しなくても着手金が発生するのに対して、債務者としては減額に失敗した場合、借金は変わらずさらに着手金だけは支払わなければならないわけです。減額の安請け合いをされて、よく説明も受けずに依頼すると、後のトラブルとなることもあるので注意しましょう。

新大阪法務司法書士事務所

全国OK!24時間無料メール相談も好評!
www.shinosaka-houmu.jp

梶光夫司法書士事務所

30年以上の実績!無料相談もあります。
www.kajimitsuo.com

司法書士 阿曽剛事務所

減額報酬なしの良心的な低額S設定で安心!
www.shihoushoshi-aso.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  任意整理ガイド|デメリットや費用 All Rights Reserved.